• 2013年05月10日

宇都宮市子宮がん検診 結果郵送のお知らせ

 

4月になり新しく平成25年度の宇都宮市がん検診のお知らせのはがきが届いた方も多いことと思います。

 

当院婦人科におきましても平成24年11月の開院以来、

婦人科の女医ということで受診を希望され、お越しいただいている患者様が多数いらっしゃいます。

 

婦人科の診察時間が午前中のみのため、患者様にご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。

婦人科診察の待ち時間も発生していることから、検診結果郵送システムを開始いたします。

 

 

ご希望の方は結果を約3週間後にご自宅へ郵送させていただきます。

 

検診時にご案内もいたしますので、どうぞお気軽にご来院ください。

 

 

 

 

  • 2013年05月10日

産科と鍼灸について

 

4月より新たに、鍼灸の資格を持つ助産師がスタッフとして仲間に加わりました。

産科と鍼灸のつながりは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

鍼灸は西洋医学のような即効性をもたらす治療ではありませんが、

自分の体にある力を引き出す作用をもたらして、症状を和らげたり調子を整えたりすることができます。

 

 

妊婦さんですと、つわり・腰痛・むくみ・体のだるさ・便秘など様々なマイナートラブルを抱えています。

お灸を使うことで、そういった症状を妊婦さんの体を少しでも楽にできないかと考えています。

 

また、安産のためのお灸も定期的に行っていきますので、妊婦健診の方へご説明させていただきます。

 

 

 

 

  • 2013年02月19日

新しくなりました、婦人科診察台 

 

 

産婦人科医というより、女性として不思議に思っていたこと・・・・・

 

 

どうして内診台は自動で足が開くのだろう???

どうして最初から足を開いていないといけないのだろう???

 

 

内心少しイヤだなとおもっていたのも事実。

 

 

 

そんな長年の私の思いを解決してくれる新しい内診台を開院直前に発見。

 

 

 

ようやくその診察台がクリニックに設置されました。

 

 

 

 

 アトムメディカルのメグジョイPAFという製品です。

 

 

 

詳細はコチラ↓

http://www.atomed.co.jp/product/cat_gynecology/detail/137

 

 

 

患者さんの意思で自由に開脚できるというコンセプトに開発された製品です。

 

 

 

 

婦人科診察での心の壁を少しでも和らげられたらという思いで導入しました。

 診察時の不安な思いに少しでも寄り添えたらと思います。

 

 

 

 

 

 

  • 2013年02月19日

ダンベルセット入りました

ダンベル2

 

 

クリニック内スタジオにテクノジム製のダンベルセットが設置されました。

イタリアに本社を構えるテクノジムはヨーロッパ最大のフィットネスマシンメーカーです。

 

 

テクノジム社は、F1フェラーリチームのシューマッハをはじめ、

名門サッカーチームであるF.C.ユベントス、インテルF.C.、 A.C. ミラン、レアルマドリッド やリバプールF. C、

その他多くのプロスポーツチーム・アスリートのパートナーとして彼等をサポートしています。

 

 

筋肉トレーニングに励む院長です。

 

  • 2013年01月16日

今年のスギ花粉の飛散予想について

 

今年のスギ花粉の飛散予想についてですが、昨年末に都内で行われた研究会に院長が出席してきました。

そこでの発表では、猛暑の影響もあり、今年は例年の1.5倍以上の飛散が予想されるとのことです。

 

特に栃木県は多くなるとの予想でした。

 

スギ花粉の治療は、2月上旬ごろより内服治療を開始していただくと、症状の緩和に効果的です。

 

毎年お辛い症状でお悩みの方は、お気軽に当院までお越しください。

  • 2013年01月09日

教えてドクター 第5回 12月31日放送分 美容内科編

 

◯たかたクリニックの婦人科のなかで、美容内科とありますが、 どんなものなのでしょうか?

プラセンタの注射やビタミンなどの点滴,

美白成分の薬の内服でお肌や髪の毛といった見た目の美しさはもとより、

全身の疲労回復・抗酸化といったアンチエイジングにまで働きかけていくことを目的としています。

 

 

◯美容内科で改善する症状にはどんなものがあるのでしょうか?

プラセンタには主な効果として、アンチエイジング、全身の美肌効果、体や精神の健康、滋養強壮、そしてダイエットにも効果が期待できます。

普段の食生活では十分に補えない主要なビタミンB群が入っている注射は、 疲労回復、疲れやだるさ、倦怠感の回復に即効性を求める方に大変有効です。

ビタミンCは有害な活性酸素に対する抗酸化作用が非常に強く、メラニンの生成を減らし白く還元することでシミ・ソバカスなどへの美白効果があります。

他に、ビオチンというビタミンHは肌や髪の健康には欠かせないビタミンとして、皮膚障害の治療に効果があることは、以前から知られていました。

お肌の弱い方・湿疹の出やすい方・アトピー性皮膚炎の方に効果があり、ダイエットなどにも有効です。

また、二日酔い回復点滴や慢性疲労回復点滴もご用意しています。

 

◯どんな処置や処方を行うのでしょうか?

プラセンタ注射の場合は皮下注射ですので、インフルエンザなどの予防接種と同じ方法での注射となります。

ビタミンBやビタミンCなどの複合点滴は30分ほどかけて半個室のリクライニングチェアで他の方の視線を感じずに、ゆったりと過ごしながら受けていただけます。

 

◯どのくらいの年齢の方が通院されていますか?

30代~50代の方がプラセンタ注射でリピーターとなっていただいております。また、ビタミン複合点滴は40代~60代の方が効果を実感されています。

 

◯治療費はどのくらいなのでしょうか?

プラセンタ注射については症状によっては保険適応となることもあります。

自由診療の場合注射料1500円をいただいております。その他のビタミン複合点滴は注射料金が4500円となっています。

  • 2012年12月26日

教えてドクター 第4回 12月24日放送分 漢方外来編

 

◯たかたクリニックでは婦人科の中に漢方外来があるそうですね?

 

 

 女性の一生において、女性ホルモンを中心とした内分泌の環境は月経・妊娠・閉経といったイベントで劇的に変化し、

それに合わせて様々な症状が出現します。

また、ストレスに満ちあふれた現代女性においては、更年期障害や月経前緊張症をはじめとした、西洋医学だけでは改善しきれないような不定愁訴が増えています。

これに対して、「心身一如」心と体とを1つにとらえて診療する漢方治療により、このような症状が軽くなっていくことをよく経験します。

漢方医学・西洋医学の両面から、両者のよい点を生かしたアプローチで、女性のつらい症状を少しでも楽にできたらと思っています。

 

 

 

 

◯女性ホルモンのバランスが崩れると、どんな病気がおこるのでしょうか?

 

20代から30代の女性の主訴で比較的多いのが、PMSといわれる月経前症候群が挙げられます。

生理前にイライラして周囲にあたったり、逆に落ち込んでしまったり、眠れない、食べ過ぎるなどの症状もあります。代表的な漢方処方として当帰芍薬散があげられます。

40代からはプレ更年期そしてそれ以上の方は更年期症状を訴えられる方が多いです。

のぼせをはじめとして、他に多いのが肩こり、慢性疲労、抜け毛などです。代表的な漢方に加味逍遥散があります

証にあった処方ですと1つの薬でも効果がでることが多いです。

 

 

 

◯漢方薬にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

女性の方に好評なのは、西洋薬のような合成された成分ではなく、生薬の配合というところを気に入ってもらえることが多いです。

一つの症状だけに焦点をあてるのではなく、体を全体的にみて足りないものを補いながら

本来の体が持っている力を整えていくという方針に共感をもっていただけています。

一人ひとりの証に合わせて処方していきますので、同じ症状でも異なる漢方薬を用いることもあります。

 

 

 

  • 2012年12月26日

教えてドクター 第三回 12月17日放送分 女性外来編

 

◯高田舞子先生は、宇都宮では、女性で初めての婦人科開業医だそうですね。

 

 そうですね、全国的にみて、産婦人科は、20~30代の女性医師の比率は60%を超えていて実は男性医師よりも多いのです。

宇都宮に開業している女性の産婦人科医師がいないのが不思議なぐらいです。

婦人科を受診したい女性にとって男性医師や女性医師を選べるということはとても良いことだと思います。

 

 

 

◯ここ宇都宮の子宮頸がん受診率はどのくらいなんでしょうか?

 

 平成22年度の宇都宮市の子宮頸がん受診率は25.4%という数字をご存知ですか?

20歳から80歳以上の女性を対象に平均を出したものです。

30代から40代にかけて受診率は50-60%台とほかの年齢層に比べて比較的高めで推移しています。

 

それでも欧米の女性は、検診受診率が80%程度で18歳から毎年検診を受けています。

ぜひ、検診を受診して、ご自分の体の中の、子宮や卵巣の働き、月経のしくみ、ホルモンの動きなどについてよく理解していただければと思います。

 

 

 

◯どのくらいの年齢から受けるべきなのでしょうか?

 

子宮頸がん検診については、20代以上の方には宇都宮市から検診のお知らせのハガキが送られてきます。

特に20・25・30・35・40歳の節目の方にはクーポン券といって無料で検査を受けられる券が送られてくるんですよ。

 

 

 

◯こちらのクリニックでは具体的にどういった検診を行うのでしょうか

 

婦人科の診察用の部屋がありますので、そちらで診察台に座っていただいて、

横になっている間に、私の方で子宮の入り口の部分の細胞をこすりとります。

痛みはほとんどありません。婦人科というだけで敷居が高く感じる方が多いので、できるだけ不安を取り除くようにしています。

 

 

 

◯受診の前に心がけることは?

 

特にありません。予約も必要ありませんので、気軽にお越しいただければと思います。

 

 

  • 2012年12月19日

教えてドクター 第2回 筋力トレーニング編

2012年12月10日放送されました教えてドクター第2回 アンチエイジング(筋力トレーニング編)です。

Q:先週はアンチエイジングのお話を伺いましたが、たかたクリニックでは筋力トレーニングも取り入れているそうですね?

アンチエイジングとどんな関係があるのでしょうか?

 

A:数多くの実験的研究や疫学研究の結果から、定期的な身体活動や有酸素トレーニングにより

種々の生理機能・代謝指標・心理指標の改善を認めること、種々の慢性疾患や早期死亡のリスクを減少させることが示されています。

簡単にいうと寝たきりや突然死を予防する筋肉と骨の強さを作っていくこと、

また今ある姿を姿勢やプロポーションなども含めて美しくしていくということ、不安やうつが軽くなるということが効果として挙げられます。

 

 

◯例えば、どんな筋力トレーニングをするのでしょうか?

運動としてはレジスタンストレーニングと呼ぶ筋力トレーニングと有酸素運動、ストレッチに分けて考えます。

レジスタンストレーニングについて言えば、私としては、家庭でもできる腕立て伏せ・腹筋・スクワットの3つを提唱しています。

正しいフォームでおこなえば筋力がついた、とか姿勢がよくなったなどと、効果をすぐに実感できます。

腕立て伏せがきつい方はひざをついて行っても構いません。

腹筋も無理して早く行う必要はありません。ゆっくり自重を使って行うのが大切です。

スクワットについても椅子などの補助を用いて行うとよいでしょう。これを10回を1セットとして3セットずつ行います。

 

 

◯運動が苦手な人も大丈夫でしょうか?

大がかりな設備などはいらないので、気軽に始めていただけます。

また、有酸素運動と筋力トレーニングはどちらを先に行うと効果的かご存知ですか?

実は筋力トレーニングを行ったあとに有酸素運動を行うとよいと科学的に証明されているのです。

また、有酸素運動もウォーキングを行う際は時速6kmの速度が一番効果が高いと実証されています。

関節の可動域をひろげるためのストレッチも効果的です。

 

  • 2012年12月18日

婦人科外来について

 

年末に向けお忙しい時間の中、ご来院いただきまして誠にありがとうございます。

 

 

問い合わせで多いものに、婦人科外来は予約は必要ですか?というお電話があります。

将来的に導入する可能性はありますが、現在のところ予約制はとっておりません。

宇都宮市などの婦人科がん検診も予約なしで直接来院していただいて大丈夫です。

 

診察内容により多少順番が前後することはこざいますが、原則として来院順にお呼びさせていただいております。

 

来院された後、宇都宮市のがん検診受診の方以外はiPad(タブレット端末) で問診を記入していただいております。

問診内容がiPadから電子カルテへ直接送信されますので、

受診内容など、まわりの方に聞こえたり知られないような形式となっております。

また、婦人科中待合室ではお名前ではなく、番号札の番号でお呼びしております。

 

 

できるだけ患者様のプライバシーにも配慮して診察させていただきますので、ご希望がございましたら、遠慮なくお申し付けください。